【キャンプ】コーヒーミル(montagna)とは?使い方や特徴


朝もやに包まれた静寂な湖畔で、座り心地が快適なハイバックチェアに座って、ひとり静かにコーヒー豆を引く。

火にかけて待つこと4分。

そして、愛用のパーコレーターからコーヒーの匂いが香りたってくる。

最高のひとときが、そこにある。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
f:id:terrace_camper:20210607144220j:image
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー   

www.terrace-camper.info

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

目次


・はじめに

・コーヒーミルの種類

・コーヒーミルを選ぶポイント

・コーヒーの淹れ方

・我が家のコーヒーミル

・代表的なコーヒーミル

・まとめ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 腰痛キャンパーの方 必見!

www.terrace-camper.info
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
TAKIBI
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:terrace_camper:20210608155836j:image
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

はじめに

都会の喧騒を忘れ、大自然の中で迎える清々しい朝。

まだ冷たい外気に包まれながら飲む温かいコーヒーは格別です。

一度 味わってしまうと、あのひと時、あの一味が忘れられなくて、またキャンプに行きたくなってしまうます。



コーヒーミルって必要なの?

コーヒーミルにはどんな種類があるの?

選ぶ時のポイントって何ですか??



こんにちは。家族五人でファミリーキャンプを楽しみ、キャンプ歴 約10年のテラス キャンパーです。

 

アウトドアであれば、インスタントコーヒーやドリップパックで淹れるコーヒーでも、もちろん美味しいですが、豆から挽いて淹れるコーヒーは比べ物にならないくらい絶品です。

コーヒー豆は粉にした瞬間から酸化が進み始めるので、淹れる直前に挽いたほうが、“新鮮”でおいしいコーヒーが楽しめます。

今回は、挽きたてのコーヒーを淹れるには欠かせないコーヒーミルについてお話したいと思います。


目次に戻る
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コーヒーミルの種類

コーヒーミルにはコーヒー豆を挽く方法として、電源でモーターを回す電動式、手でハンドルをグルグルまわす手動式の2種類があります。

自然を楽しむアウトドアでは、モーター音は敬遠されがちですし、手動式の方が趣があっていいなぁと思います。



電動式

電動式のコーヒーミルはスイッチを押すだけで、セットしたコーヒー豆を挽くことができるので楽です。

電動コーヒーミルの「メリット」と「デメリット」は次の通りになります。

【メリット】
◆ スイッチ一つで手早く挽ける
◆一度に挽ける量が多い
◆電動の為、挽きムラが生じにくい

【デメリット】
◆商品によっては作動音がうるさい
◆摩擦熱が生じやすい為、手動に比べ挽き粉の風味は劣りやすい


手動式

手動式コーヒーミルは、自分の手でハンドルをまわしてコーヒー豆を挽く、電源不要のおもいっきりのアナログタイプです。

豆を挽く音、のんびりミルを回す時間。手動のコーヒーミルの醍醐味は、何といってもこれです!

手動式コーヒーミルの「メリット」と「デメリット」は次の通りです。

【メリット】
◆ハンドルを回して豆を挽く作業はアウトドア感が満載
◆摩擦熱を抑えられるため、風味豊かな挽き粉に仕上がる
◆アンティーク調など、インテリア性の高いデザインが多い
◆コンパクタイプが多く携帯しやすい

【デメリット】
◆豆を挽くのに時間がかかる
◆一度に挽ける量は少なめ
◆手動の為、挽きムラが生じやすい




目次に戻る
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コーヒーミルを選ぶポイント

刃(カッター)の形状

コーヒーミルは、商品メーカー・ブランドによって、ミルの「刃」の種類は違い、大きく分けて3種類になります。

プロペラ式


「プロペラ式」はプロペラ状のカッターを回転させることで、コーヒー豆を粉砕します。


「プロペラ式」はプロペラが回転している時間が長いほど、挽き目が細かくなります。長く回せば回すほど粒度がそろいにくく微粉が出やすくなってしまうので注意が必要です。

そんなデメリットはありますが、比較的安価なのが大きな魅力になります。

 

 

コニカルタイプ(コーン式)



f:id:terrace_camper:20210608160043j:image
f:id:terrace_camper:20210608160102j:image


コニカルタイプ(コーン式)」は円錐型の刃を回転させて、コーヒー豆を粉砕します。


凸凹の噛み合わせになっており、コーヒー豆が上から下へ通過する際にすり潰し、砕きながら挽いていく構造です。


コニカルタイプ(コーン式)」は、「粉の挽き目を調整しやすく、粒度がそろいやすい」ということがいえます。

安定した挽きめで、摩擦熱の発生が少ないため、粉の風味を損ないにくいです。



フラットタイプ(フラットディスク)


「フラットタイプ(フラットディスク)」は、鋭い角度の2枚の薄刃で、コーヒー豆を粉砕します。

「フラットタイプ(フラットディスク)」の刃は、細かい粒度まで挽けますが、中挽きより粗いものは、均一になりにくい特徴があります。

また、家庭用もありますが、業務用などグレードの高い電動コーヒーミルにも採用されることが多いです。 




目次に戻る
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コーヒーの淹れ方

「粗挽き」「中挽き」「細挽き」「極細挽き」など、コーヒー豆はその粒度(りゅうど)=挽き具合によって、抽出時の味や香りが変化します。

また、どんな器具で抽出するかによっても、適した挽き具合は異なってきます。

機種によってその調整範囲には差があるものの、コーヒーミルは同じ豆でも挽き具合の調整ができるので、「苦みが強いのが好みだから細挽き」、「極細挽きでエスプレッソ」など、その日の気分や抽出器具に合った挽き方ができます。


コーヒー豆の粒度

豆の挽き具合は、次のようなものがあります。

粗挽き:苦みが少なく、酸味が強くなる。パーコレーターで抽出するのであれば、粗挽きがおすすめ。

中挽き:一般的な挽き具合で、バランスのよい味わい。ペーパードリップネルドリップ向き

細挽き:苦みとコクを強調。マキネッタやペーパードリップ、水出しに適している

極細挽き:苦みが出やすく酸味が少ない。エスプレッソマシンに向いている



初心者の場合は、中細挽きでハンドドリップが失敗なく淹れることができます。

アウトドアで人気のパーコレーターの場合は、粗挽きになりますので、淹れ方によって使い分けましょう。



コーヒーの抽出温度

コーヒーは抽出する温度によっても味が変わってきます。

普段、ご家庭で使われている一般的なコーヒーメーカーは、80度~95度の間で温度が設定されています。(80度~98度の範囲で、1度刻みで温度設定ができる高機能なコーヒーメーカーも販売されています。ご参考まで)


抽出温度(80度~85度)

・酸味が強くでることがある
・深煎りの豆がオススメ


抽出温度(85度~90度)

・バランスの良い温度
・豆を挽く細かさで調節


抽出温度(90度以上)

・苦味や渋みがでることがある
・浅煎りの豆がオススメ




目次に戻る
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

我が家のコーヒーミル


f:id:terrace_camper:20210608155938j:image

私はコーヒーのプロではありません。

アウトドアで飲むコーヒーに、コーヒー専門店で飲むような味も求めておりませんし、豆を挽く技術や淹れる技術もありません。

そもそも、「違いの解る男」ではないので、たとえ高価なコーヒーミルを購入しても味の違いがわからないので、最低限のスペックがあれば十分という判断で、montagnaのコーヒーミルを購入しました。

そんなに高価(むしろ安い方かな)な商品ではありませんが、アウトドアで使うには十分すぎると思っています。

ステンレス製で丈夫なので、アウトドア向きです。
ハンドルは約15cmあるので、回しやすいです。
粗挽き~細挽きまで調整ができます。
分解して、水洗いができます。

f:id:terrace_camper:20210608160011j:image



montagnaブランドについて

montagnaブランドは、大阪府東大阪市に本社がある(株)ハックが展開するアウトドアブランドです。

Enjoy More Outdoor もっと楽しいアウトドアをコンセプトに家族や友達で楽しめる、多彩なキャンプ用品を展開している会社になります。


商品スペック

外寸:直径5cm × 高さ19cm
ハンドルの長さは約15cm
重さ:約240g
容量:コーヒー豆最大約30g(約3杯分)
材質:本体はステンレス
刃:コニカルタイプ(コーン式)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アウトドア キャンプ コーヒーミル Montagna モンターナ 手挽きコーヒーミル 2722 ハック 手動式 送料無料【SP】


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


目次に戻る
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

代表的なコーヒーミル

 

HARIO(ハリオ) コーヒーミル

・ハンドルを本体に引っ掛けることができるのでコンパクトに収納できます。スリムなボディなので携帯用にもオススメです。

・粉受け部がスケルトンなので、挽いた粉を確認することができます。

・セラミック製の臼部分は分解して水洗いが可能です。挽き目の調整は調節つまみを回すだけで簡単にできます。





カリタ(Kalita) コーヒーミル

・スタイルはインテリアとしても十分にお楽しみいただけます

・コーヒー好きの方への贈り物にもお勧め





 パール金属(PEARL METAL) キャプテンスタッグ コーヒーミル

・重さわずか219gの手動で楽しむコーヒーミルです。
・アウトドアでも邪魔にならないサイズ感です。
・セラミック刃で金属臭がせず、コーヒー豆の本来の香りを楽しめます。





目次に戻る
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

www.terrace-camper.info

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まとめ

アウトドアであれば、インスタントコーヒーやドリップパックで淹れるコーヒーでも、もちろん美味しいですが、豆から挽いて淹れるコーヒーは比べ物にならないくらい絶品です。

お気に入りのコーヒーミルを手に入れて、気軽で楽しいOut Door Life を満喫しましょう。




目次に戻る
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

www.terrace-camper.info

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
TAKIBI