キャンプでも、普段使いでも活躍する「豆炭あんか」のすすめ

 

f:id:terrace_camper:20210124121009j:plain



こんにちは。
元:ファミリキャンパー、現在:父子キャンパー、近い将来:ソロキャンパー予定のテラス・キャンパーです。

私、長野県北部地方の出身で、冬はとても寒い地域になります。

当時、実家で使用していた主な暖房器具は「石油ストーブ」と「豆炭こたつ」&「豆炭あんか」でした。

「石油ストーブ」はみなさんもご存じで、馴染みもあるかと思いますが、豆炭(マメタン)は「知らない」という方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。

マメタンは地味ですが、本当に温かいんですよ(遠赤外線)。

そこで今回は、実際に長年使用(現在も使用中)してきた者として、「豆炭こたつ」&「豆炭あんか」の素晴らしさを知っていただき、冬キャンプの暖房器具としても「使えるグッズだなぁ」と思っていただければと思い記事を書くことにしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
記載内容
①豆炭(マメタン)とは
②我が家の「豆炭あんか」
③使用方法等
④提案:今あるキャンプグッズを活用した「豆炭こたつ」
⑤おまけ:本格的な「豆炭こたつ」のご案内
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
①豆炭(マメタン)とは
豆炭は無煙炭およびその他の炭化物を配合・卵形またはこれに類似した型状に成型した固形燃料です。ちなみに煉炭は無煙炭およびその他の炭化物を配合・成型した通風孔のある固形燃料で、その違いは、通風孔の有無と形になります。

主な特徴は
・一度着火すると、一定温度で長時間燃焼します。
・燃焼器具の空気量を調節することで、20時間程度使用できます。
・爆発などの危険がなく貯蔵も容易です。(防災用としても活用できます。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
②豆炭あんか
我が家では「品川あんか」(4個保有)をキャンプ&普段の両方で使っております。
本当に温かいですよ。一度持つと手放せなくなりますよ。

f:id:terrace_camper:20210124145459j:plain

f:id:terrace_camper:20210124145535j:plain



《普段使いの使用例》
・就寝時、足元に入れておく
・テレワーク時、お腹に抱えてその上に膝掛けをする
・テレワーク時、足元に置いておく

《キャンプ時の使用例》
・就寝時、寝袋の奥に入れておく
・寒さを感じたとき、お腹に抱える
・使っていない時は、「簡易こたつ」の中に入れておく(④提案:今あるキャンプグッズを活用した「豆炭こたつ」で紹介します)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
③使用方法等
《普段使い》
・火起こし器に使用する分の豆炭を入れる

f:id:terrace_camper:20210124120709j:plain

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
火起こしにはカセットコンロを使っています

www.terrace-camper.info

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


・片面5分ずつくらい熱する(合計10分程度)

f:id:terrace_camper:20210124120754j:plain

f:id:terrace_camper:20210124120828j:plain



・表面が白くなったら「あんか」の中に入れて蓋をする

f:id:terrace_camper:20210124120858j:plain



《キャンプ時》
・BBQや焚き火の時に、豆炭の表面が白くなるまで入れておくだけです。表面が白くなったら、「あんか」の中に入れて蓋をする。


《普段使い&キャンプ時 共通》
・蓋をしたら、付属の袋(オレンジ色の袋)に入れる
・30分くらいすると、だんだんと温かくなってきます
・そして、直接は持てなくなる程、熱くなります
・20時間くらいは温かさが続きます。
・最後は燃えカスだけになるので、ゴミとして処理します

f:id:terrace_camper:20210124121950j:plain


という感じで、取り扱いが簡単です。

(あんか)

 


(マメタン)

 


(火起こし器)

 



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
④提案:今あるキャンプグッズを活用した「豆炭こたつ」
・「こたつ」のやぐらには、「小さめのテーブル」を使う。
・天板は、「アルミロールテーブル」の天板を使う。
選定ポイントは、天板が取り外し可能であることと、軽量であることです。

f:id:terrace_camper:20210126143142j:plain



・「こたつ布団」は、「封筒型の寝袋」を2枚使う
選定ポイントは、保温性に優れていることです。

f:id:terrace_camper:20210126143240j:plain

f:id:terrace_camper:20210126143304j:plain




・我が家では、さらに「こたつ」の保温性を向上させる為に寝袋の下に「毛布」と「座布団」も使っております。

f:id:terrace_camper:20210126143405j:plain



・完成形がこちらで、「豆炭あんか」を4個投入しておくと、(その日の外気温にも関係しますが)それなりの温度(28度くらい)にはなります。

f:id:terrace_camper:20210126143428j:plain



家のベランダで実証した結果は次の通りです。
外気温:11.4度

f:id:terrace_camper:20210126143832j:plain



30分後:こたつ内の温度は 17.8

f:id:terrace_camper:20210126145240j:plain




60分後:こたつ内の温度は21.6度

f:id:terrace_camper:20210126145304j:plain




90分後:こたつ内の温度は26.6度

f:id:terrace_camper:20210126145330j:plain




120分後:こたつ内の温度は27.6度

f:id:terrace_camper:20210126145357j:plain




参考までに電気こたつ弱のこたつ内温度は31.8度

f:id:terrace_camper:20210126145428j:plain




すぐに温かくなる「電気こたつ」には敵いませんが、十分に温かさを感じることができます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いかがでしたでしょうか。

「豆炭」に少しは興味を持って頂けましたでしょうか?

まずは「豆炭あんか」あたりから始めていただき、「これは、使える!」と感じていただけたなら、是非、「豆炭こたつ」の導入をご検討頂けると、マメタン愛用者としては嬉しい限りです。
実家では、いまでも「豆炭こたつ」をつかっておりますが、先程ご提案させていただいた「簡易こたつ」とは比べられないくらいとっても温かいです。

⑤おまけ

 
【送料無料(一部地域を除く)】【在庫限り】【天板別売】豆炭こたつ品川マメタンこたつ 706D 69cm角 シナネン【沖縄・離島不可】
    




 
ミツウロコ豆炭こたつ70cm
    

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「豆炭」は地味ですが、じんわ~りと温かく、経済的で、普段使いもできる優れものだと自信を持ってお薦めできる一品です。

ぜひ、お試しください。